スキル

自分の生命線は「コピー」

目安時間 4分
  • コピーしました

 

これ大げさに聞こえるかもしれませんが
自分にとってはこの「コピー」の出来によって

収入が大きく変わるのでまさに「生命線」と呼べるものです。

ではコピーの出来が良いとか悪いとかは
何で分かるのかというと、

「広告」です。

そしてここで言うところの広告とは
潜在層にアピールするSNS広告ではなく

リスティング広告(目的を持ってリサーチする人をターゲットにしている広告)の
Google広告とYahoo!広告です。

ですからオールテキストです。

ここではYahoo!広告で説明させていただきますが
(広告文は伏せさせていただきます)

まず、

たった15文字(全角)の組み合わせで
できる広告を複数作ります。

そして出稿して数日経つと
データが集まってきます。

緊張の一瞬です!

比較してみると
差は歴然!

 

なんと

自信を持って作った広告は見事に期待を裏切り、

最後おまけで作った広告が
その数十倍という結果が出ていたのです(^_^;)

 

確かに嬉しいことなのですが

自分がこれだ!と思って作った広告に
ターゲットが反応しなかったという事実にはショックを隠せません。

ただ
一つの学びがありました。

例を見せずに説明するのは難しいのですが

反応が薄い広告は

限られた文字数の中でキーワードを羅列しただけのものでした。
(どうしてもそうなってしまうのですが)

それに対し

おまけで作った広告は

キーワードを主役にせずに
「感情に訴えかけた」コピーにしたものでした。

たった15文字なので
どうしても入れたい文字(キーワード)を詰め込んでしまいますが

それでは
人の心は動かせないと痛感させられました。

最後に

「生命線」

と言いましたが

「広告」をクリックしてもらってこそ
マーケティングが生きてくるからです。

 

クリックしてサイトを見てくれた数パーセントの方が
メールアドレスを記入してくれます。(リスト)

そしてリストの中から一定の割合の方が購入してくれるという
データがあれば、

月にどれぐらいのリストが欲しいのかということがはっきりします。

それを日割りにすると

一日に集めるべきリストの数が分かるということです。

あとはその目標を達成するべく

広告から誘導するサイト(ホームページやブログ)の
精度を高めていく努力が欠かせないということです。

個人面談では

実際の広告を見せながら解説しますので

興味のある方はリクエストしてくださいね(^-^)

その前に

コピーを磨くためにはブログとキーワードが欠かせませんので
こちらのプレゼントをお受け取りください。

個人面談(一回のみ無料)を希望の方はこちら

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

リザーブストック(リザスト)の使い方

リザーブストックを紹介(招待)

  最近の投稿
プロフィール
お助け7-512

突然田舎に行くことを余儀なくされたことで仕事をどうするかということが命題となり、パソコンに向かって発信する日々を費やしていました。
そのかいあってなんとかインターネットだけで暮らせるようにはなっていますが、それに費やしたお金も時間もまた膨大でした。
なんと200万円以上!

 人気記事
タグ